管理者

Django

ムームードメイン:親ドメインはロリポップ、サブドメインはVPS

VPSサーバーは、通常のレンタルサーバーよりは単価が高いのでWordPressはロリポップを利用し、Djangoを用いた動的ページにはConoHaのVPSサーバーを利用する運用としました。なお、VPSサーバーにはサブドメインを利用します。
Django

DjangoでgunicornとNginxを使う(Nginxその3)

VPSサーバーのDjangoプロジェクトを、まずNginxだけで公開します。次にgunicornも連携させます。なお、NginxとDjango(gunicorn)はソケットではなく、httpで接続します。STATIC_URL等の意味も説明します。
Django

Nginxでまず静的ファイルのみ表示してみる(Nginxその2)

VPSサーバーのDjangoにNginx、gunicornを適用する予定ですが、一度に設定するとエラーが生じたときに何がおかしいのか分からなくなります。そこで、まずNginxで静的なファイルを表示するところから始めたいと思います。
Django

DjangoにおけるNginxとgunicornの役割(Nginxその1)

Nginx、gunicorn、Djangoの組み合わせは、現在、最も勢いのある組み合わせです。今から環境を構築するのであればApache(アパッチ)よりもお勧めです。そこで、難しい説明は後回しにして、それぞれの役割を簡単に説明したいと思います。
Django

NginxなしのVPSサーバーでrunserverを実行してみた

編集中のVPSサーバーの中にあるDjangoのコードを、VS Codeのターミナルから「python manage.py runserver」で実行するとどうなるのでしょうか。起動するけど結果を確認できないのだと予想していましたが・・・。
Django

DjangoでVS Codeを使う2つの方法。ローカル環境編。

VS Codeを用いて、ローカル環境でDjangoを開発する場合の環境設定を説明します。設定ではAnacondaを利用した場合と利用しない場合の2通りの方法を紹介します。リモート環境だけではなく、ローカル環境でもVS Codeを活用しましょう。
Django

VS CodeでSSH接続。Pythonの仮想環境、lint機能。

VS CodeでSSH接続の設定をしてPythonを実行しようとすると、英語のwarnigやドロップダウンリストが次々と現れるし、どの仮想環境を使っているのか分からない。でも、分からずに次に進んでしまうと気持ちが悪い。
Django

ConoHa VPSにUbuntu。VS CodeでSSH接続。

VPSサーバーにVS CodeでSSH接続します。OSはUbuntu。パスフレーズ付の鍵を設定し、VPSサーバー上のフォルダを表示します。「WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!」への対応も説明します。
Django

ConoHa VPSにUbuntu。仮想環境とDjangoの導入。

ConoHa VPSにPythonをインストール、仮想環境を作成し、Matplotlib、NumPy、Pillow、Djangoを入れます。サーバーのOSはUbuntu 20.04.1 LTS。Pythonは3.9.0、Djangoは3.1.2です。
Django

Ubuntuのupdate、upgrade、do-release-upgradeとは

Ubuntuのアップデート、アップグレードの方法を説明します。ただ、コマンドのupdate、upgrade、do-release-upgradeの違いが難しく、コマンドの英語と日本語のアップデート、アップグレードとが直接対応しません。
Django

ConoHa VPSにUbuntu。代表的なポート番号一覧。

膨大な数のポート番号を前にして、どれの優先順位が高いのか途方にくれると思います。「いっそ、全て許可してしまうか・・・」と誘惑に負けそうになりますが、不用意に開かれたポートを利用した不正アクセスは数知れず。やはりある程度は覚えるしかありません。
Django

ConoHa VPSにUbuntu。ufwでファイアウォール。

iptablesは扱いが複雑なので、Ubuntuではiptablesを簡単に利用するためにufwというツールがあります。そこで、ufwによるファイアウォールを設定方法を解説します。denyとdeleteの違いなどは初見では難しいと思います。
Django

ConoHa VPSにUbuntu。SSH用のポート番号の変更。

SSH用のポート番号の変更方法について説明します。環境としてConoHa VPSでUbuntuを使用しています。優先するセキュリティ対策である鍵認証、rootログインの禁止などが終わったら、ファイアウォールの設定前にチャレンジしましょう。
Django

ConoHa VPSにUbuntu。スタートアップガイドの読み方。

ConoHa VPSのスタートアップガイドはCentOSを適用したときの説明です。そこで、UbuntuをOSに選んだ私が、備忘録として設定手順に関するメモを作成しました。基本的にCentOSと大きな違いはありませんが、参考にしてください。
Django

知識ゼロの私でも大丈夫。ConoHa VPSの申し込み方法。

サーバーやLinuxの知識がゼロの私がVPSサーバーに挑戦です。「rootパスワードって何?」「CentOS?」といった状態です。無謀な申し込みをしちゃったかなとも思いましたが、まあ、調べながら何とかなりそうです。こんな私とVPS始めませんか?